今週の保護犬のわんこ♪ Vol.13「道端のダンボールに捨てられていたシエルちゃん」

新しい家族に迎え入れられた保護犬を紹介する犬猫さがしと「保護犬のわんこ」プロジェクトさんの共同企画「今週の保護犬のわんこ♪」

第13回は@cielykさん家のシエルちゃん!

 

🐕シエル ♀さん(@ciel.yk)がシェアした投稿

シエルちゃんは山梨県在住、17歳の雑種の女の子。17歳ということは人間でいうと約100歳!これまで登場したわんこの中で最年長です!

飼い主さんとシエルちゃんの出会いは2001年1月24日。数日前に降った雪が残るような季節のことでした。

飼い主さんがお仕事から帰る途中道端にダンボールが置いてあり、中にはまだ目も見えていない4匹の子犬がいました。実は飼い主さんは当時犬が苦手で、犬が怖かったそうです。しかし犬が苦手な飼い主さんも子犬の可愛さと哀れな気持ちでいっぱいになり、その場に集まってきた人たちと手分けして保護することになりました。飼い主さんが選んだのは一番丈夫そうな子犬、それがシエルちゃんでした。連れ帰ることにしたとはいえ犬が怖いという気持ちもあるため、ダンボールに入れたまま家に連れ帰ったそうです。

 

🐕シエル ♀さん(@ciel.yk)がシェアした投稿

連れ帰ったものの、ご家族みんな犬が苦手。当然犬、まして子犬の育て方なんて知りません。連れ帰った夜はどうしていいかわからず、鳴く子犬のそばに小皿に入れた牛乳を置いて様子を見るも鳴き止まず困ったそうです。翌日早速犬の育て方の本を買ってきて勉強を始め、子犬のミルクや哺乳瓶、排泄の仕方など一つずつ覚えていったそうです。

飼い主さんは犬について無知だったこともあり子犬の性別もわからずオスだと思い込み、鼻まわりが真っ黒だったので名前も「熊五郎」と命名していたそうです(笑)狂犬病予防の注射の時に獣医さんにメスだということを教えてもらい、慌てて改名しシエルちゃんとなりました。

シェアで「犬猫さがし」を支援!